Cozre Report
調査レポート

お宮参りやお食い初めにハーフバースデー。0歳の育児行事を実施した割合は?


【はじめに】
子どもが生まれてから1歳になるまでの1年間は育児行事が目白押しである。お宮参りやお食い初めといった伝統的なものから、ハーフバースデーといった近年急速に広まっているものなど。様々な行事があるが、実際にママパパはこうした行事をどれくらい実施しているのだろうか。
そこで、本レポートでは「0歳の育児行事」に関し調査を行った。

【調査】
弊社コズレ子育てマーケティング研究所では、2018年5月30日(水)から6月1日(金)にかけて、0歳の育児行事に関するアンケート調査をインターネット上で行った。調査対象は子どもがいるママパパで、「0歳の育児行事をそれぞれ実施したか」等について質問をした。有効回答者数は1115名であった。

【分析と結果考察】
お宮参り

okuizome

ハーフバースデー
調査の結果、お宮参り・お食い初めなどの伝統行事の実施率は共に8割以上。古来からの行事も引き続き大半のご家庭で実施していることが分かった。

また、ハーフバースデーについても実施率は6割を超える結果に。近年認知度が急速に広まり、過半数を超えるご家庭でお祝いをされていることが分かった。

伝統行事は根強く、加えて新たなお祝い事が急速に普及するという意味では、少子化が進むものの、育児関連企業にとって商機が増えているという見方もできるだろう。ママパパの間にどのようなトレンドが生まれ、それが広まっていくかをつぶさにウォッチすることの重要性を示唆する一例と言える。

本調査の詳細レポート、及び子育てマーケットに関する各種調査・コンサルティング・広告メニュー等についてご関心をお持ちいただいた場合にはお気軽にお問い合わせいただきたい。
(コズレ子育てマーケティング研究所 早川、飯野)

問い合わせフォーム