Cozre Report
調査レポート

ママたちは肌質の変化に対してどのような行動を起こす?


【はじめに】

妊娠・出産を機に肌質の変化を感じたママは多い。肌質の変化やその改善のために、ママたちはどのようにして情報を仕入れ、どのような行動をとったのだろうか。
そこで、本レポートでは「出産後のスキンケア」に関し調査を行った。

【調査】
弊社コズレ子育てマーケティング研究所では、2018年4月20日(月)から2018年4月25日(金)にかけて、出産後のスキンケアに関するアンケート調査をインターネット上で行った。調査対象は子どもがいるママで、「肌質の変化についてどのような行動を起こしたか」等について質問をした。有効回答者数は453名であった。

【分析と結果考察】
子供が0歳児、1歳児に分けて分析を行った。

スキンケア

0歳児のママと1歳児のママの間で顕著に差があらわれたのは、「サンプル取り寄せ」「医療機関に相談」。1歳児のママたちは、肌質改善に向けてより積極的に行動を起こしているのが分かる。

過去のレポートでも触れたが、子供が1歳となるタイミングで復職をするママは多い。また復職をしない場合でも、子供と一緒におでかけする機会も多くなる。他人の目に触れる機会が増えることによって、自身の肌質についての意識が高まるのではないだろうか。

ママたちに向けてスキンケア化粧品の宣伝・販促を行う場合、「0歳児のママ」よりも、「1歳児のママ」に向けた方が、より高い効果が見込めると考えられる。

コズレでは、子供の月齢に絞った広告メニューを提供しているので、是非ご活用を検討していただきたい。

本調査の詳細レポート、及び子育てマーケットに関する各種調査・コンサルティング・広告メニュー等についてご関心をお持ちいただいた場合にはお気軽にお問い合わせいただきたい。
(コズレ子育てマーケティング研究所 前田)

問い合わせフォーム